グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 和恵会について  > 和恵会の認知症ケアへの取り組み

和恵会の認知症ケアへの取り組み

医療法法人社団では、長年認知症ケアに重点を置いてきました。平成21年より「パーソン・センタード・ケア」の考えを取り入れ、認知症を持つ方々の不安や抗うつ・興奮を抑え、利用者様の誇りを尊重できるようケアに取り組んでいます。

パーソン・センタード・ケアとは??

認知症を持つ人が、「周囲の人や社会とのつながりの中で、一人の人として尊重され、本人もそれを実感している」様にケアされるという考え方です。また、「人や社会のつながりの中で、周囲から一人ひとりに与えられる立場や尊敬の念、共感、思いやり、信頼」が、認知症の人に与えられるようにケアされることをパーソン・センタード・ケアといいます。

認知症を持つ人の理解

認知症を持つ人には、「くつろぎ」 「自分らしさ」 「結びつき」 「たずさわること」 「共にあること」の5つのニーズがあると言われています。

また、認知症を持つ人の行動は、「脳の障害」「身体の健康・感覚機能」「生活歴」「性格傾向」「社会的心理(周囲の人との人間関係)」という5つの要因の複雑な関係によって現れると考えられています。 
 
*認知症を持つ人のニーズや行動の要因を理解することが大切です。

認知症ケアの質を高める取り組み

ケアの質をより高めていくために、認知症を持つ人が何をして過ごしていたか、周囲の人とどのような関わりを持っていたかなどを観察し、ケアの内容やその人への関わり方について改善を図る取り組みを「認知症ケアマッピング」と言います。

認知症ケアを行う職員の力を高める

観察の結果を職員と振り返り、観察された状態から、認知症の人のニーズをどの様にみたしているか、ニーズを満たせていない部分は無いか、認知症特有の行動は、その人のどの様な要因によって起きているのかを考えます。良いケアの方法を観察者と職員とで共有し、ケアをより良くする方法について話し合います。具体的にどの様にケアをしていくのかを職員が話し合い、ケアの質の向上を図っています。
医療法人社団和恵会では、パーソン・センタード・ケアの考えを取り入れ、認知症を持つ人が、より良い生活を送ることができるように支援しています。